カードローンの審査と過去の滞納の影響

> カードローンの審査と過去の滞納の影響

カードローンの審査と過去の滞納の影響

不安に思う女性

個人でカードローンを申し込んだ際には、金融機関ではその人の職業や年齢、雇用形態、年間の収入金額の見通しなどのほかに、信用情報機関から過去の借入れの履歴などを照会した上で、これらを総合的に判断して、申込みを承認するか、しないかを決定しています。

信用情報機関は、個人が金融機関から借入れをした際の金額、債務残高、過去の返済状況などの情報を収集して、一括して管理しており、加盟している金融機関からの照会があれば、即座にその情報をオンラインで提供するようになっています。
こうした機関には銀行系、信販会社系、消費者金融業者系などのいくつかの種類がありますが、それぞれの間での情報のやり取りも行われているため、一般的にいって、過去に金融機関で何かしらの借入れをしていれば、あらゆる金融機関にその情報が伝わってしまうと見るべきでしょう。
そこで、過去にカードローンの借入れをしており、返済が長期にわたって滞っていたり、期間は短くても頻繁に滞納を繰り返していたような場合には、当然ながらその事実は信用情報機関に登録されていますので、新たなカードローンを組むための審査で承認がされない理由になる可能性が高いといえます。
カード関連の信用情報は、一般に契約期間中および取引終了後5年間は信用情報機関のデータベースに保存されていますので、こうした事実があった場合で審査に落ちた場合については、情報が自動的に破棄されるまでの年数を待つ必要が出てきます。

 

おすすめのキャッシングはこちら