キャッシングの借入の制限

> キャッシングの借入の制限

キャッシングの借入の制限

悩む女性

キャッシングをするうえで、件数の制限はあるのでしょうか。現時点では、そのような制限は特に設けられていません。

 

ただし、個人が一般的に利用するキャッシングは、基本的に無担保無保証です。

 

返済できなくなった場合に回収できる担保や、代わって返済してくれる保証人がいないため、本人の返済能力が何よりも重視されます。

 

ですから、申込をした時点で、その人の収入がチェックされることになります。

 

毎月の収入が20万円程度なのに、他社から多く借入をしていて、月々の返済額が10万円にも達するような場合は、返済能力に疑問符がつくため、審査に通らないということもあります。

 

それ以外に、消費者金融では総量規制があります。

 

この総量規制は、借り過ぎを防ぐために現行の貸金業法に設けられたもので、名義人の年収の3分の1を借入限度額としています。

 

つまり、年収が600万円の人の場合は、200万円までしか借入ができません。

 

この総量規制は、すべての消費者金融での借入に適用されます。

 

そのため、既に消費者金融を利用していて、さらに別の業者を利用する場合は、金額によってはキャッシングをしてもらえなくなることもあります。

 

もちろん、このような場合でもお金を借りたい時はあるものです。

 

そのような場合は、総量規制対象外の消費者金融を利用するとか、銀行のカードローンを利用するのがお勧めです。

 

銀行は貸金業法でなく銀行法が適用されるので、総量規制を心配する必要が無いからです。

 

おすすめのキャッシングはこちら