審査に職業は影響する?

> 審査に職業は影響する?

お金借りたい:審査に職業は影響する?

男性

急な入用や給料日前に予定外の出費が続き、お金を借りたいことがあるでしょう。そんな時に便利なのがカードローンです。カードさえあれば提携ATMなどから簡単にキャッシングできるのです。それなら早速カードを作ろうと意気込んでいる方もおられるでしょう。確かにキャッシングするにはカードを作らないといけませんが、実は申し込んだ人が全てキャッシングできるわけではありません。審査に通った人のみがキャッシングできるのです。

というのは消費者金融などは貸したお金は元本に利息を添えて期日までに返してもらって、はじめて会社として営業できます。そのためには返済能力のある人にお金を貸さないといけません。しかし初対面の人に返済能力があるかわかりませんよね。そこでとられる手段が審査です。氏名、年齢、仕事、勤続年数、住居形態、他社からの借入など様々な項目から総合的に判断をして審査結果が出るわけです。ここで気になるのが職業です。職業は審査結果に大きく影響してくるのでしょうか。
職業の内容に問題はないと言われています。継続安定した収入があればどんな仕事でも返済能力はあるとみなされるのです。申し込み条件にパート、アルバイト可とあれば、1年以上その仕事を続けていて継続安定した収入があれば審査に通るとも言われているのです。逆に言うと、それなりの企業の正社員であっても、転職か何かでその会社の勤続年数が3ヵ月となると審査に通らない場合もあるようなのです。審査において勤続年数は非常に重要なポイントと言われているのです。

 

おすすめのキャッシングはこちら